膣を引き締める

ヌードの女性の後姿

レーザーを用いて膣のゆるみを解消すると聞くと、メスの代わりにレーザーを用いる膣縮小手術を連想する人が多いですが、もっと進化したレーザー治療の方法があります。それはVタイトニングレーザーを用いて膣全体を引き締める治療方法です。出産後に膣にゆるみが発生するケースが多いですが、加齢や太りすぎが原因でゆるみが発生してしまうケースもあります。膣のゆるみが悪化すると、性生活の満足度が低下しますし、尿漏れや子宮脱などの症状が現れてくる可能性が高まります。でも、Vタイトニングレーザーを照射すれば、膣壁全体を収縮させることができるだけでなく、コラーゲンの生成を促すことができますので、膣そのものを若返らせることができます。麻酔を使う必要がない治療方法であるため、多くの女性に利用されています。

膣のゆるみを解消する治療を受けたいのであれば、婦人科形成治療を行っている女性専門クリニックや美容外科クリニックを受診してみることをおすすめします。どちらを受診した場合でも、同じような治療メニューが用意されているはずですが、より相談しやすいところがよいと希望しているのであれば、女性専門クリニックの方がよいかもしれません。婦人科形成治療の専門クリニックでは、女性のデリケートゾーンの治療だけを専門に行っていますので、何でも気兼ねすることなく相談することができます。また、女性医師がクリニックを開設している場合が多いので、恥ずかしさを感じずに相談できるというメリットがあります。良い女性専門クリニックの心当たりがないという人は、インターネットで調べてみることをおすすめします。